【レポート#1】小型でサクサク使える「Canon image FORMULA」がやってきた!

アジャイルメディアネットワーク(以下AMN)様のモニターキャンペーンで、
ドキュメントスキャナ「Canon ImageFORMULA DR-150」をお借りすることができました!

あいにく不在にしていたせいで受け取りが一日遅れてしまいましたが、早速開封の儀。

大きさの比較でBlackberryBold 9000を一緒に撮っています。外箱は一般的な靴の箱よりちょっと高さがあるくらいでしょうか。

内容物は以下の通り。

  • ドキュメントスキャナ本体
  • 分離パッド
  • USBケーブル
  • 給電用USBケーブル
  • ユーザーマニュアル
  • ソフトウェアセットアップディスク

となっています。

上の写真のように閉じた状態では非常にコンパクトで軽いです。
A4サイズが入るバックなどに入れても、極端に重く感じることはなく、手軽に持ち運ぶことができそうです。
ただ天板はツルツルとしているので、指紋やキズなどがつくと目立つかもしれません。

それではまずは使うための準備です。

私は家よりも会社でスキャナを使うことが多く、会社の場合は複合機にイチイチ行ってスキャンする必要があります。
しかも一日に何回も。
そのため今回の「Canon ImageFORMULA DR-150」はコンパクトで場所を取らずに机の上に置けるため、会社で使おうと思います。

使う前に行ったのは、まずは「分離パッド」の取り付けです。さすがにこの部分は説明書を見ました。
「分離パッド」はフィーダーカバーに取り付ける必要があります。下の写真の下部中央の金具が「分離パッド」です。

「分離パッド」の取り付けが終わったら、ケーブル類をPCに接続します。
基本的にはバスパワーでも動きますが、USBポートに余裕がある場合は、給電用USBケーブルもつなぐことで早くスキャンが出来るようです。
また本体背面には「AutoStartスイッチ」なるものがついています

これは「ON」にした状態でPCに接続し、スキャンすると自動でスキャナに内蔵されたソフト「CaptureOnTouch Lite」が起動し、事前に付属のCD-ROMで「CaptureOnTouch」をインストールしてから使う場合は「OFF」にします。

…とサラっと書きましたが、わざわざソフトをインストールする必要がないのには驚きました!
これなら使うPCを気にすることなく使うことが出来ます。

今回はまずCD-ROMでソフトをインストールせずに使う方法をご紹介します。

本体背面からUSBケーブルをPCにつなぎます。
そして天板を開けると自動的に電源が入り、下画像左側のダイヤログが表示されますので「CaptureOnTouch Lite」をクリックすると、右側のようにメインメニューが表示されます。

スキャナ内蔵の「CaptureOnTouch Lite」は、CD-ROMに収録されているものより簡素化されているので設定もほとんどありません。逆に普通に使う分であればそのままデフォルトで使えます。

唯一事前に設定するといえば「スキャナ設定」です。

ここでは以下の設定をすることができます。

  • カラーモード
  • 用紙サイズ
  • 解像度
  • 読み取り面
  • 斜行補正
  • 文字向き検知
  • 明るさ/コントラスト

このスキャナが秀悦なのは、まず読み取り面の設定です。
「白紙をスキップする」とありますがこれはどういう事かというと、実はこのスキャナは片面だけスキャンしているように見えて、実は両面を見ているのです!
そして裏面が白紙であれば片面だけ読み取り、裏面にも印刷があれば両面読取るという仕組みがあります。
なのでスキャンのたびに片面・両面を設定する必要すらありません。(もちろん設定も可能です)

そして次に秀悦なのは文字の向きに合わせて、スキャンしたデータを自動で回転してくれる点・斜めに原稿が入ってしまったときは自動で修正をしてくれるのです。

設定が終わると、いよいよ読み取りです。原稿の頭を下向き(印刷面は内側)にセットし、
本体のスタートボタンか、「CaptureOnTouch Lite」のスタートボタンをクリックすると読み取り開始です。

読み取り時にまた驚きました。

それは動作音の静かさです。この音量であれば静かな場所でも全く気にすることなく使うことが出来ます。
また今回は給電用USBケーブルも接続して使ったせいもあるかと思いますが、読み取り速度も非常に早いです。
これはどんどんスキャンしたくなりますw

さてスキャンをすると以下のような画面が表示されます。

ここでデータを保存する際の名前や、保存する場所、データ形式の設定を個別に行うことが出来ます。

今まで私は会社の複合機でスキャンをしたあと、PCの共有フォルダに保存されたデータの名前をまず変更し、それから別フォルダに移動させていましたが、保存時に名前・保存先の設定が出来るのでこの分でも時間の短縮ができます。

また保存時の名前・保存先は一度電源を切ったあとでも保持されているので非常に便利です。

今のところはまだ通常のスキャンしか使っていませんが、動作が非常に軽快で使わないときはコンパクトなので、どんどんスキャンしたくなるスキャナだと思います。
次回は付属CD-ROMから「CaptureOnTouch」をインストールし、さらに便利な使い方をご紹介出来ればと思います。

広告

【レポート#1】小型でサクサク使える「Canon image FORMULA」がやってきた!」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 【レポート#2】「Canon image FORMULA」で名刺管理が超ラクラク! « hatena-jaga

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中