Xperia SO-01B を交換&【備忘録】ファーム再導入時の注意点

さてさて昨日の誤配信ファームをインストールしてしまったXperiaは、全国のドコモショップで無償交換または預り修理の対応をしているというのは、前の記事でご紹介しました。

そこで端末自体にキズも入ってしまっていたので、最寄のドコモショップに交換してもらうことにしました。

在庫がない場合は預り修理となり、その間代替機を使うことになるため、事前に連絡し1台取置をしてもらうことに。

その前に、今入っている誤配信ファームウェア(R1EA025)のバックアップが取れないか試してみました。
スクリーンショットはないのですが、結論から言うと無理でした。

まず今回はいつも使っているPCではなく、別のPCに「Update Service」をインストールし接続したところ、あなたのは最新だから何も更新はないよ”と怒られてしまい、再インストールも出来ない状態。
(ここで疑問:誤配信アップデートをしたままの状態で、6月中旬頃に配信される正式版アップデートは果たしてちゃんと出来るのか。ドコモ側は問題ないとしているようですが…もしUpdate Serviceを利用する場合は出来ないような気がします)

そのため、Update7を導入して再接続したところ、ファームウェアの再インストール画面は出ましたが、この場合現在配布されているファームウェアがダウンロードされ、インストールされてしまうので取りやめ。
結果、誤配信ファームウェアのバックアップは取れませんでした…。

そんなこんなでドコモショップに行ったところ、ちょっと偉そうな人が出てきて、今回の誤配信について陳謝。そしてXperiaの端末交換となりましたが、それにかかった時間は待ち時間を除き、約15分程度。

電池パックについては今までのものを使って欲しいということで、端末のみ新品に無事交換。
あ、今回交換してもらった端末の保証書はもちろんもらいました。

そして帰ってきてから、以前ご紹介した通りの手順で、いつものPCでUKファームをXperiaに導入しようとしたところ、なにやらダウンロードしてインストールされた…。

もしやUKファームウェアも更新があったのか?とウキウキしたのですが、単にドコモのファームウェアがダウンロードされ、インストールされただけでした。

でも何故?と思って、データが保存されているフォルダを見たところ、ファームウェアのファイル名が変わっていました
そのため以前のファイル名では認識されずインストールできないのです。

なので今回ダウンロードされたファームウェアのファイル名(下記の通り)に合わせて、UKファームをリネームして再導入したところ何事なくインストールされました。

【変更前】

  • FILE_277265337_1267585946000_1267099615000_277265319_110911436_INFILE_LONGTERM (約100MB強のデータ)
  • FILE_277264321_1271857047000_1267080471000_277264319_16629417_INFILE_LONGTERM (約15MB前後のデータ)

【変更後】

  • FILE_277265337_1275040924000_1267099615000_277265319_110911436_INFILE_LONGTERM (約100MB強のデータ)
  • FILE_277264321_1275040924000_1267080471000_277264319_16629417_INFILE_LONGTERM (約15MB前後のデータ)

上記のように若干ファイル名が変わっていました。

あと今回「Update Service」でダウンロードされた、ドコモファームウェア(R1EA018-1.0.09)を来週アップしておきます。
※誤配信されたファームウェアではありません

【追記】

ドコモファームウェア(R1EA018-1.0.09)はこちらです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中