ただ読み取るだけじゃない!色んなQRコードの作成もできる「QuickMark for Android」

このアプリはQRコードを読み取るだけでなく、電話帳やテキスト、アプリのリンクなどのQRコードを自由に作成できるアプリです。

これまでは読み取るだけのアプリが主流でしたが、QuickMarkを使えばほぼしたい事を1つのアプリで出来るため便利に使えます。

まず起動させると、下のようなメニュー画面が表示されます。

読み取る場合は画面上の「Scan Barcodes」をタップすると、撮影モードに切り替わります。
ここで画面右下のレバーを切り替えることで、QRコードとバーコードと読み取りモードを変えることが出来ます。

読み取り時はバーコード全体を赤い枠の中に収めると、自動でフォーカスを合わせ読み取ります(オートフォーカス対応カメラの場合)。
フォーカスが合うまでの時間も非常に短いので、読み取りでイライラすることも少なくて済みます。ちなみに真正面からでなくても、斜め方向からでも読取できました。

そして読み取りが終わると以下のように表示されます。(ここではURLのみが組み込まれたものを読み込んでいます)

画面下には様々なアイコンが並んでおり、このようなURLの場合だと以下のような機能が使えます。

  • ブラウザで開く
  • ブックマークへの登録
  • Googleでの読み取り結果の検索
  • テキストメッセージへの変換
  • SMS送信
  • メール送信
  • QRコードの作成
  • 共有
  • 読み取り結果のコピー

なおQRコード内に複数の文字列が組み込まれている場合は、ブラウザで開くなどの一発機能は使えませんでした。

またQRコードの作成機能については、トップページの「Share」をタップすると以下のようなメニューが表示されます。

ここで作成できるQRコードの種類は以下の通り。

  • 登録されている電話帳データ
  • 登録されているブックマーク
  • インストールしているアプリ
  • クリップボードにコピーされている文字列
  • フリーテキスト

必要十分ですよね。例として登録されている電話帳からのQRコード作成をしてみました。
まずは一番上の「Addressbook Contact」をタップ。
次にQRコードにしたい人の情報を選択すると、以下のように作成されます。

予め自分の情報を電話帳に登録しておけば、すぐにQRコードを作成し交換することが出来ます。QRコードへの変換にかかる時間はほんとに一瞬で驚きました。

以上のように、このアプリ1つ入れておけばある程度のことが出来るので、もう2つ・3つ用途別に入れておく必要はありません。
ぜひお試しください♪

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中