Desire X06HTにGinger SenseなROM「RCMix S v03」を入れてみた

Gingerbread SenseROMの「RCMix S v03」がバージョンアップされていたので入れてみた。
主な概要・バグは以下の通り。

Features:

  • Base – HomerSP rom (a mix of Haushan and Wildfire S)
  • Kernel – vorkKernel-CM-2.6.37.3-SVS-CFS-BFQ-SLQB-09-Mar-11
  • “Uninstall mode” in app drawer that allows you to quickly uninstall apps
  • Enhanced power menu option
  • Couple more options to Quick Settings in the notification bar
  • CM-style screen on/off animations
  • Option to enable stock android lockscreen
  • Desire S keyboard
  • Livewallpapers from Nexus S

Known bugs:

  • Camera (dont click on it, causes soft reboot)
  • Streaming video
  • slow quadrant (feels very very fast tho)
  • Hot Spot, use the included Wireless Tether.
  • may be some problems with browser :/
  • you tell me…

入れてみたザックリとした感想としては、サクサク動いてくれるので使ってて気持ちいです。
UIはSense2.1になっている分、いくつかこれまでのものと違っているところがありますが、より使いやすくなっているので便利です。

まずはホーム画面。※日本語フォントは入れ替えています

画面下部のドロワー表示アイコンが変わっています。
HTC時計はもちろんパタパタ動きます。

続いてドロワー画面。

左から「すべてのアプリケーション」「よく使うアイテム」「ダウンロード済み」と分けて表示できるようになっています。
またドロワーは上図のようなグリッド表示とリスト表示に切り替えることが出来たり、アルファベット順・日付順に並び替えることも可能です。

続いてステータスバー。

ここも左から「通知」「Quick Setting」とタブが分かれています。

「通知」タブの上部には最近使ったアプリが表示され、「Quick Setting」では以下のような設定がワンタッチで可能になっています。

  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • Wi-Fi Hotspot
  • GPS
  • Mobile Network
  • サイレント
  • マナーモード
  • 機内モード
  • すべての設定

これまでCM系で非常に便利だったステータスバーでの機能設定がより細かく、便利に使えるようになっています。

最後にデバイス情報とQuadrantベンチの結果。

Quadrantで3Dは表示されませんでしたが完走しました。
ベンチもまずまずってところではないでしょうか。

カメラなど幾つかの機能が使えないので、日頃Desireを常用されている方にとっては厳しいところがあるかと思いますが、その点だけ目を瞑れば非常に軽快に便利に使えるようになっています。

これからのバージョンアップが楽しみです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中