Libero SoftBank 003Zのソフトウェアアップデートが提供開始

こんにちわ。

今日2011年4月8日からソフトバンクモバイルにて販売中の「Libero SoftBank 003Z」に対するソフトウェアアップデートが提供されています。

今回のアップデートの内容はAndroidのバージョンアップなどではなく、ソフトウェアの更新のみで更新されるのは以下の内容です。

  • 「ソフトバンク ブックストア」および「コミックライフ」の電子書籍や、その他著作権保護されている音楽ファイル等の再生ができるようになる
  • ソフトバンク携帯電話料金と合算してアプリケーション購入代金をお支払いいただけるサービスに対応
    (※ホワイトモデルでは既に対応済み)
  • 003Zで提供されない機能の設定項目(”Wi-Fiのスリープ設定”における“スリープにしない”)を削除
  • 上記以外の快適にお使いいただくための更新

以上となっています。

ソフトウェアの更新を行うためにはZTEが提供する「003Zアップデートツール_V17.0」を以下のサイトからPC(WindowsXP以上 ※64bit非対応)にインストールし、行う必要がある。

またこれまでPCにLibero SoftBank 003Zを一度も接続したことがない場合は、事前に「USBドライバツール」もインストールしておく必要があるので、手順などをザッと紹介します。
(以下手順はUSBドライバツールからインストールする場合です。既にインストール済みの場合は、手順3から始めてください)

  1. ZTEホームページより「USBドライバツール」と「003Zアップデートツール_V17.0」をダウンロードし、ダウンロードされたZIPファイルを解凍しておく。
    Libero SoftBank 003Z サポートソフトウェア ダウンロード – ZTE Japan
  2. 解凍して出来た「P020101217594818380622」というフォルダをまず開き、中の「ZTE_Android_USB_Driver_003Z」を起動させる。
    インストールが終わるとダイアログが表示されるので、それまで待つ。
    これでUSBドライバのインストールが終わり。
  3. 次に同じく解凍して出来た「20110408-Final release」というフォルダを開き、中の「003Zアップデートツール_V17.0」を起動させる。
    しばらくすると以下のような画面が表示される。
  4. 画面に表示されているとおり、まずLibero SoftBank 003Zの電源を切り、電池パックを外す
  5. Libero SoftBank 003Zの音量ダウン(-)ボタンを押しながら、PCとUSBで接続
  6. Libero SoftBank 003Zの画面上に以下のような「システム更新モード」の文字が表示されたら、音量ダウン(-)ボタンから指を離し、PC側の「003Zアップデートツール」の実行ボタンをクリック。
  7. しばらく待つとアップデートが終わり、PCにダイアログが表示されるので、USBを外し、電池パックを入れ電源を入れる。

以上が今回のアップデートの手順。

アップデート後の初回起動には若干時間がかかり、アップデート前のアプリやGoogleアカウントなどの情報は削除されない。
※但し、何らかの理由によりデータが消える可能性もあるので、バックアップはしておいた方がいいかもしれない

なお自宅にアップデート出来る環境がない場合は、ソフトバンクショップにて預かり修理にて対応してくれるようです。

全体的な動作速度については、アップデート前と大差ないように感じますが、一応Quadrantベンチマーク結果とシステム情報を載せておきます。

■Quadrant

■システム情報

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中